What’s Wikitude

ウィキチュードとは

Wikitudeはモバイルアプリ開発者なら誰でもすぐに使いこなせるAR開発用SDKです。 ロケーションベース型、画像認識型、マーカーレス型(立体認識)のARアプリをカンタンに開発できます。 iOS/Androidのネイティブアプリはもちろんのこと、Unity、Cordova、Xamarin、Titaniumでも利用できます。

Wikitude SDKの特長

「みんなが使える」ARアプリ開発ツール

マーカーレス型AR

SLAM技術で風景そのものにコンテンツを表示

空間そのものを認識するSLAM技術を使えば、
部屋にARのソファーや机を置いたりして配置を確認できる。

そんなARアプリが開発できます。

画像認識型AR

本やカタログにかざすタイプのAR

キャラクター画像にカメラをかざすと、キャラクターが動いてしゃべる。
カタログにかざすとすぐにカートアイコンが表示され、買い物かごに追加できる。

そんなARアプリも作成できます。

ロケーションベース型AR

ポケモンGOのようなアプリを作ろう

スマートフォンやタブレットのGPSで取得した位置情報に対して、動画や3Dモデルを表示できます。
防災アプリや観光アプリ、ポケモンGOのようなARアプリを開発できます。

クラウド認識

ターゲット画像の管理と認識をサーバーで行えます

画像の管理と認識をWikitudeが提供するクラウドサービスで行うことができます。
ターゲット画像が増えたり変わったりしても、デバイスにアプリを再インストールする必要がありません。

UnityやCordovaなどに対応

無償プラグインで、幅広い開発環境でAR開発ができる

UnityやCorodova、Xamarin、Titaniumといった開発環境でWikitude SDKを使えるプラグインを無償で提供しています。

TOPICS

トピックス

  • 2017.10.04
  • 技術系記事

Wikitude SDKとARKit/ARCoreの違いとそれを踏まえた上でWikitude SDKが次にどのようなステップを歩もうとしているか説明します。

詳しく見る

  • 2017.09.28
  • 技術系記事

Wikitude SDKに関する基本的な概念や構成される要素について説明します。

詳しく見る

  • 2017.09.22
  • お知らせ

Wikitude SDK 7.1がリリースされました。今回のアップデートで更新された内容についてご紹介します。

詳しく見る

Wikitude's partner

Wikitudeを採用している企業

adobeLGEPSONsony