What’s Wikitude

ウィキチュードとは

Wikitudeはモバイルアプリ開発者なら誰でもすぐに使いこなせるAR開発用SDKです。 ロケーションベース型、画像認識型、マーカーレス型(立体認識)のARアプリをカンタンに開発できます。 iOS/Androidのネイティブアプリはもちろんのこと、Unity、Cordova、Xamarin、Titaniumでも利用できます。

Wikitude SDKの特長

「みんなが使える」ARアプリ開発ツール

マーカーレス型AR

SLAM技術で風景そのものにコンテンツを表示

空間そのものを認識するSLAM技術を使えば、
部屋にARのソファーや机を置いたりして配置を確認できる。

そんなARアプリが開発できます。

画像認識型AR

本やカタログにかざすタイプのAR

キャラクター画像にカメラをかざすと、キャラクターが動いてしゃべる。
カタログにかざすとすぐにカートアイコンが表示され、買い物かごに追加できる。

そんなARアプリも作成できます。

ロケーションベース型AR

ポケモンGOのようなアプリを作ろう

スマートフォンやタブレットのGPSで取得した位置情報に対して、動画や3Dモデルを表示できます。
防災アプリや観光アプリ、ポケモンGOのようなARアプリを開発できます。

クラウド認識

ターゲット画像の管理と認識をサーバーで行えます

画像の管理と認識をWikitudeが提供するクラウドサービスで行うことができます。
ターゲット画像が増えたり変わったりしても、デバイスにアプリを再インストールする必要がありません。

UnityやCordovaなどに対応

無償プラグインで、幅広い開発環境でAR開発ができる

UnityやCorodova、Xamarin、Titaniumといった開発環境でWikitude SDKを使えるプラグインを無償で提供しています。

TOPICS

トピックス

  • 2017.07.26
  • 技術系記事

物体認識で使用するオブジェクトターゲットコレクションの作成手順について説明します。

詳しく見る

  • 2017.07.25
  • 技術系記事

物体認識で使用する最適な物体と動画ファイルの撮影方法についてご紹介します。

詳しく見る

  • 2017.07.14
  • お知らせ

待望の複数ターゲットの同時認識など、更に高度なAR表現が可能になった新バージョンSDK 7をリリースしました。

詳しく見る

Wikitude's partner

Wikitudeを採用している企業

adobeLGEPSONsony