3D Encoder

Wikitude SDKでは、独自の形式である、Wikitude 3Dフォーマットファイル(.wt3)にエンコードされた3DモデルのみARオブジェクトとして使用できます。これは3Dモデルを拡張するために圧縮されたバイナリ形式のファイルで、モバイルデバイスで3Dモデルを高速に読み込み、処理できるように最適化されています。3Dモデルの作成には好みの3Dモデリングツール(Autodesk® Maya®やBlenderなど)を使用できますが、作成した3Dモデルをwt3ファイル形式にエンコードする必要があります。3DモデルのエンコードにはWikitude 3D Encoderデスクトップアプリケーション(WindowsおよびMac)を使用します。Wikitude 3D Encoderでは、Autodesk® FBX®ファイル(.fbx)形式を.wt3にエンコードできます。3D Encoderの仕様や使い方については、製品ヘルプで詳しく説明しています。「WIKITUDE 3D ENCODER」をご確認ください。また、適切な3Dモデルについては「3Dモデルのワークフロー」で説明されています。あわせてご確認ください。

3D Encoderをダウンロード

Studio Manager

画像認識型ARでは画像をWikitude SDKが認識できるターゲットに変換する必要があります。また、マーカーレス型ARの物体認識機能では、事前に認識対象の物体を録画した動画をWikitude SDKが認識できるオブジェクトターゲットに変換する必要があります。その変換にはWikitude社が提供する、Studio Managerという無償のWebツールを使用します。このツールを使用すると、画像のターゲット変換と動画のオブジェクトターゲット変換ができ、結果としてターゲットの集合体であるターゲットコレクション(.wtc)とオブジェクトターゲットの集合体であるオブジェクトターゲットコレクション(.wto)を作成することができます。作成したコレクションは基本的にアプリにインクルードする形で使用します。 Studio Managerの使い方については、製品ヘルプで詳しく説明しています。「ターゲット管理」をあわせてご確認ください。

Studio Managerを使用する