Wikitude SDKとは

JavaScriptでAR機能を呼び出せる簡単SDK

Wikitude SDKは、XcodeやAndroid Stuido、Unity、Cordova、Xamarinなどさまざまなモバイルアプリの開発環境に組み込めるAR用のSDK(ライブラリ)です。
JavaScriptで各機能を呼び出すコードを記述できるため、Androidで作成したコードをiOSに流用するといった開発が簡単に行えます。

マーカーレス型(3D認識)・画像認識型・ロケーションベース型のARを開発できるため、あらゆるARニーズに応えます。

開発できるARの種類

あらゆるARニーズに対応

マーカーレス型AR

インスタントトラッキング

Wikitudeの3Dコンピュータービジョンエンジンは、SLAMに基づき、カメラが捉えた映像をリアルタイムにトラッキングして3Dの空間マップを作ります。
このマップは、グランドレベルと奥行きや高さを実空間と同じように再現しています。
そのため、3Dモデルを現実世界に物を置いたかのように見えます。

Wikitudeでは、この機能をインスタントトラッキング(Instant Tracking)と呼びます。

物体認識

任意の3Dマップデータを使用して、特定の物体を認識します。
簡単な取り扱い説明や、遊び方などを冊子などではなく、製品実物に重ねて表示することができます。

画像認識型AR

精度の高い画像認識とトラッキング技術により、画像をマーカーとして登録することや3Dモデル、画像、HTMLページ、動画などさまざまなコンテンツで表示することができます。

カタログアプリやキャラクターが飛び出すアプリ、アーティストのお宝映像が見られるアプリなどさまざまなARニーズに応えます。

ロケーションベース型AR

「ポケモンGO」のようなアプリ開発も可能

スマートフォンやタブレットを持ち、その場所に行くと特定の動画や画像、3Dモデルを表示できるARアプリを開発できます。
指定した場所までの距離の取得や何メートルまで近づいたらコンテンツを表示するかといった設定も簡単です。
防災アプリや観光アプリなどのARニーズにも対応できます。

インタラクティブでなめらか・高精細のAR

安定した認識とマルチタッチ対応

94%を超える認識率

独自の技術とアルゴリズムにより、WikitudeのARエンジンは94%の認識率を誇ります。
ターゲット画像に当たる光の種類や撮影時のカメラアングルなどの環境要因に左右されずに安定した認識でARコンテンツを表示できます。

タッチ操作でARコンテンツを操作可能

ロケーションベース型や画像認識型で表示したARコンテンツは、指先で自由に移動や回転、拡大縮小ができるようマルチタッチジェスチャーをサポートしてます。

60fps、フルHDの解像度でレンダリング

フルHDでカメラ画像のレンダリングを実行できます。
また、フレームレートは60fps(1秒間に60コマ)まで対応。
ディスプレイ解像度の高いデバイスでも滑らかで美しいARコンテンツを表示できます。

フルHDの解像度でレンダリング

クラウド認識

ターゲット画像の管理と認識を提供するクラウドサービス

クラウド認識

ウェアラブル対応

スマートグラスでのARニーズにも応えます

Epson Moverio BT-200

<span id="expansion">Wikitude SDKが使える開発環境</span>

CordovaやUnityでも簡単にARアプリを開発できます

Wikitude SDK が使える開発環境

トライアル

試用期間の制限なし。無料で開発できます

Wikitude SDKはアプリライセンスという形態のため、開発はすべて「無償」です。
もちろん、機能制限なくすべての機能を使用でき、使用できる期間に制限もありません。
SDKはWikitudeアカウントを作成すると、ダウンロードできます。
開発したアプリを動作させるためには、そのアプリをトライアル版アプリとしてアクティベーションする必要があります。
なお、トライアル版アプリのカメラビューには「TRIAL」というウォーターマークが表示されます。

ご利用の流れ

Wikitude SDKをご利用いただくための手順を紹介しています。

ダウンロード

SDKには、サンプルアプリやオフラインで閲覧できるヘルプや関連ツールが含まれています。
Wikitudeアカウントを作成するとすぐにダウンロードいただけます。

ドキュメントを読む

Wikitude SDKの使い方などを詳しく説明したオンラインヘルプです。
ヘルプはWikitudeアカウントを作成するとすぐにご覧いただけます。

<span id="license_price">機能一覧とライセンス価格</span>

Wikitude SDKは利用する機能によって、価格の異なるエディションを用意しています。
ライセンスに関するご質問は、メール、Webフォームなどからお気軽にグレープシティまでお問合せ下さい。

SDK Pro

SDK Pro 3D

SDK Cloud

SDK Enterprise

プラットフォーム

Android



iOS



スマートグラス
※1

機能

ロケーションベース型AR



画像認識型AR



マーカーレス型AR


クラウド認識

※2
ターゲット管理API
※1

ライセンス

買い切り(One-time)

年間サブスクリプション



組織内配布
※1
アクティベーションAndroid、iOSそれぞれ1アプリAndroid、iOSそれぞれ1アプリAndroid、iOSそれぞれ1アプリAndroid、iOSそれぞれ1アプリ※3

サポートサービス

オンラインヘルプ



Eメールサポート
※4

※4


※5
フリーアップデート
※6

※6


フリーアップグレード
※4

※4


価格(税抜き)

買い切り(One-time)268,000円336,000円
年間サブスクリプション369,600円444,000円666,400円お問い合わせください

※1 オプション契約が必要です。 
※2 オプション契約によりターゲット数制限を100,000ターゲットにアップグレード可能です。
※3 オプション契約により複数アプリのアクティベーションが可能です。
※4 サブスクリプション契約のみ利用可能です。買い切り(One-time)では利用できません。
※5 優先サポートを利用可能です。
※6 買い切り(One-time)の場合、購入時点のバージョンでのみ入手可能です。
       「購入時点のバージョン」の定義については「よくある質問(FAQ)」をご確認ください。