ARの動向やWikitudeの技術記事、ニュースなど情報発信ブログを公開しています。

  • 2018.07.24お知らせ
  • 2018.07.09お知らせ
    WikitudeのAR開発プラットフォームの最新バージョンがリリースされました!Wikitude SDK 8は、市場で最も幅広いAR機能を備えており、無限の可能性とソリューションを生み出そうとする開発者やビジネスのためのツールです。 Wikitude SDK 8では、シーン認識、インスタントターゲット、Unity Live Preview、Windowsサポート、拡張オブジェクトトラッキング、...
  • 2018.07.08Unity3Dプラグイン
    プラグインAPIは、ネイティブポインタとしてカメラフレームへのアクセスを提供します。したがって、C#またはC++、Objective C、Javaのようなネイティブコードを使用して処理することができます。
  • 2018.07.08Unity3Dプラグイン
    以下のセクションでは、WikitudeネイティブSDKのインスタントトラッキング機能について詳しく説明します。最小限の実装にすることで、WikitudeネイティブSDKが提供するシンプルさを紹介します。
  • 2018.07.08Unity3Dプラグイン
    入力プラグインAPIはWikitude SDK ネイティブの入力と出力を変更するために使用されます。入力の場合、任意のソースのカスタムフレームデータはWikitude SDK ネイティブ APIの入力処理として提供されます。一方、出力の場合は、Wikitude SDK ネイティブ APIの既定のレンダリングに代わって高度な実装が可能です。両方のケースは以下の項目でサンプルを例にして説明します。
  • 2018.07.08Unity3Dプラグイン
    Unity3Dプラグインのカメラ制御について説明します。
  • 2018.07.08Unity3Dプラグイン
    ライブプレビュー機能を使用すると、Wikitude SDKのすべての機能をUnity Editor上で直接テストすることができます。デバイスにアプリをインストールする必要はありません。 この機能を使用するには、WikitudeCameraゲームオブジェクトを選択し、インスペクターでEnable Live Previewを有効にします。有効にすると、...
  • 2018.07.08Unity3Dプラグイン
    Unity3Dプラグインの移行に必要な変更点についてご説明します。
  • 2018.07.08Unity3Dプラグイン
    Wikitude SDKでは、AR体験として任意のオブジェクトを認識してトラッキングする機能が提供されています。 この機能は、あらゆる種類の環境をトラッキングするためにSDK全体で使用されるWikitudeのSLAMエンジンに基づいた機能です。 物体の認識とトラッキングにより、あらかじめ定義された物体やシーン全体を検出できます。認識に適した物体には以下のものが含まれます。 おもちゃ 記念碑と像...
  • 2018.07.08Unity3Dプラグイン
    Wikitude SDK Unity3Dプラグインを既存のUnityプロジェクトに追加するために必要なステップはほんのわずかです。通常は以下のステップを実行します。 Wikitude.unitypackageをプロジェクトに追加する WikitudeCameraとTrackerプレハブのひとつをUnityシーン階層に追加する TrackerにカスタムARを子GameObjectとして追加する...