ARの動向やWikitudeの技術記事、ニュースなど情報発信ブログを公開しています。

  • 2017.10.04技術系記事
    AppleのARKitとGoogleのARCoreは、AR(拡張現実)コミュニティーで多くの期待と悩みを引き起こしています。 AppleとGoogleが独自のAR開発プラットフォームを立ち上げた後、インターネットはAR技術の考察と新しいSDK(ソフトウェアデベロップメントキット)の比較で騒がしいものになりました。
  • 2017.09.28技術系記事
    Wikitude SDKは、幅広い開発フレームワークをサポートするARアプリ開発用のSDKとしてよく知られています。   この特性により、世界中のより多くのソフトウェア開発者の要求やニーズに応えることができます。 ARアプリを開発する際にどのプログラミング言語とフレームワークが要件に適しているかを知ることは、パフォーマンスや開発効率を高めるうえで非常に重要です。 そのため、Wikitude...
  • 2017.09.22お知らせ
    これまでのAppleイベントは今年のイベントほど、その発表内容を予想できませんでした。  しかし「ゴールドマスター」がリリースされる前から、iOS 11はすでに大きな変革をもたらすものだと予想され、ARKitはマーカレスの拡張現実を多くのユーザーに提供し、新しいバージョンのiPhone(iPhone 8とiPhone X)の目玉機能として多くの期待を寄せられていました。 前面の3Dセンサー、...
  • 2017.09.22Epsonスマートグラス
    このトピックでは、EPSONスマートグラス向けプロジェクトのセットアップについて説明します。
  • 2017.09.22iOSネイティブAPI
    以下のセクションでは、Wikitude SDKネイティブAPIのインスタントトラッキング機能について詳しく説明します。最小の実装を紹介し、Wikitude SDKネイティブAPIが提供するシンプルさを紹介します。
  • 2017.09.22iOSネイティブAPI
    このトピックではカメラビュー内の画像を認識し、それらの画像の上に拡張オブジェクトを表示する方法を示します。 まずは、より良く理解できるように、このドキュメントで使用する画像認識型ARに関する用語の定義を以下に示します。 ターゲット: 認識対象の2D画像と認識に必要とされる抽出データ。 ターゲットコレクション: 2Dターゲットの集合体。1つのターゲットコレクションには最大1,...
  • 2017.09.22iOSネイティブAPI
    このトピックではAR.ImageTrackerクラスとAR.CloudRecognitionServiceクラスを使用してクラウドサーバー上の画像を認識し、拡張する方法を示します。 まずは、より良く理解できるように、このドキュメントで使用する画像認識型ARに関する用語の定義を以下に示します。 ターゲット: 認識対象の画像と認識に必要とされる抽出データ。 ターゲットコレクション:...
  • 2017.09.22iOSネイティブAPI
    このトピックでは、レンダリングがWikitude SDKネイティブAPIと連携してどのように機能するかを示します。
  • 2017.09.22iOSネイティブAPI
    このトピックは複数のセクションで構成されています。Wikitude SDKプラグインの概念、プラットフォーム固有の事項とプラグインをWikitude SDKに登録する方法について説明してから、サンプルに付属するサードパーティ製プラグインの実装例を紹介します。
  • 2017.09.22iOSネイティブAPI
    このトピックではWikitude SDKネイティブの入力プラグインAPIの概念と制約について説明します。サンプルアプリケーションのソースコードは長くて複雑になるためコード全体は説明せずに、関連するソースコードを抜粋して説明します。入力プラグインAPIは、プラグインAPIを拡張したものなのでプラグインAPIを理解しておくことをお勧めします。