一覧に戻る

クライアントのプロジェクトにARを導入する5つの手段

2016.09.13AR全般

クライアントのプロジェクトにARを導入するためのポイントについて説明します。

AR(拡張現実)の技術は、現実世界にデジタル情報を組み合わせることで新しい視覚情報を提供できます。最近はARというワードが浸透してきており、ビジネスの世界でも大きな可能性を秘めていると言えるでしょう。

もし、クライアントのプロジェクトにおいてARに適したユースケースを見つけたら、ARの導入に向けて以下の手段を試してみてください。

1. ARのメリットを説明する

ARは現実世界を映し出すだけでなく、インタラクティブなコンテンツでユーザーの愛着を飛躍的に高める技術です。カスタマイズされたAR体験は、注目度の高い機能を持ったアプリとして提供できます。

2. 利益率を示す

ARがどのように収益をもたらすかについて明確な例を挙げて説明します。Wikitudeのプレミアムパートナー「Takondi」から提供された次のビデオは、ARがモバイルの商業として簡単に使用できることが示されています。

Augmented Reality für Manor Sommer Katalog (Kurzversion)

上記以外にも以下の分野でARを使用して利益を得ることができます。

  • 電子商取引 – 現実世界のアイテムを直接購入できます。
  • AR環境でゲーム内の課金 – 「ポケモンGO」のような仮想化製品は高い利益率を生みます。
  • ロケーションベースの取引先検索 – ユーザーの近くにある大切な取引先を検索して、そこまで案内します。
  • 締切期限のある提案 – 人にとって適切なタイミングで、ベストなプランを提供します。
  • ショッピング広告の拡張 – 画像認識を使用して、すべての印刷物にボタンを追加したマルチメディアを提供します。
  • プレミアムアプリ – アプリ内でのショッピング体験を実現します。

3. ARの未来を紹介する

Digi-Capitalの創業者であるTim Merel 氏は、2020年までにARの市場は1,200億ドル規模に達すると予測しています。Facebook、Google、Microsoftなどのテクノロジー巨大企業はARに投資しています。2014年にFacebookがOculusを20億ドルで買収し、GoogleはMagic Leapという謎に包まれた企業に5億4200万ドルを投資し、MicrosoftはHololensに巨額の投資を行ってきました。ポケモンGOがリリースされた際には、任天堂の市場価値を大きく押し上げたのは記憶に新しいところでしょう。

4. 実装の簡単さ

Wikitude SDKはモバイルARアプリを開発するための汎用性の高いツールです。ポケモンGOのようなアプリを作成したいのなら、Wikitudeを試してみてください。

5. デモで説明する

ARアプリを使用したデモをクライアントに見てもらいながら、ARで実現できることを説明します。必要に応じて雑誌などをARターゲットにしてください。
実装の簡単さを説明するために、現場でプロジェクトをビルドして見せることも効果があります。