一覧に戻る

Unity3Dプラグインのライブプレビュー

2018.07.08Unity3Dプラグイン

ライブプレビュー機能を使用すると、Wikitude SDKのすべての機能をUnity Editor上で直接テストすることができます。デバイスにアプリをインストールする必要はありません。 この機能を使用するには、WikitudeCameraゲームオブジェクトを選択し、インスペクターでEnable Live Previewを有効にします。有効にすると、WikitudeCameraスクリプトは次のいずれかのモードを入力ソースとして選択します。

Static Image

このモードではUnityエディタで静的な画像をトラッキングできます。これは、同じ画像を繰り返しテストするのに便利です。このモードを選択するとStatic Imageフィールドが表示され、Texture Importer設定でRead / Write Enabledが有効になっている限り、プロジェクト内の任意の画像を使用できます。

Web Cam

このモードでは、WikitudeCameraはコンピュータに接続されているすべてのカメラを見つけようとし、そのうちの1つをトラッキングの入力として使用します。WebCamsドロップダウンでは、使用するカメラを選択できます。 Defaultに設定されている場合は、最初に検出されたカメラが使用されます。

Remote Camera

このモードでは、Unity Remoteアプリがインストールされ実行されているデバイスがコンピュータに接続されている場合、そのデバイスのカメラを使用できます。 Unity Remoteアプリを動作させる方法の詳細についてはUnityのドキュメントを確認してください。 このモードは、コンピュータにWebカメラなどが接続されていない場合に非常に便利です。
さらに、接続されたデバイスのすべてのセンサーを使用できるため、インスタントトラッキングは、このモードでのみ正常に動作します。他のモードでは使用できません。