ARの動向やWikitudeの技術記事、ニュースなど情報発信ブログを公開しています。

  • 2016.09.21お知らせ
    Wikitude SDK 5.3がリリースされました。今回のアップデートで更新された主な機能について紹介します。
  • 2016.09.13AR全般
    クライアントのプロジェクトにARを導入するためのポイントについて説明します。
  • 2016.09.07技術系記事
    ポケモンGOのようなロケーションベース型アプリの作り方を紹介します。
  • 画像「ポケモンGOで使われているAR技術」
    2016.08.18AR全般
    ポケモンGoの中で使われているAR技術について解説します。
  • 2016.08.03Unity3Dプラグイン
    バージョン1.2.0では、Wikitude Studioを使用せずにUnityエディター内でターゲットコレクション(.wtc)を作成または変更できる新しいWTCエディターが導入されています。
  • 2016.08.03Unity3Dプラグイン
    このトピックではカメラビュー内の画像を認識し、それらの画像の上に拡張オブジェクトを表示する方法を示します。 まずは、より良く理解できるように、このドキュメントで使用する画像認識型ARに関する用語の定義を以下に示します。 ターゲット: 認識対象の画像と認識に必要とされる抽出データ。 ターゲットコレクション: ターゲットの集合体。1つのターゲットコレクションには最大1,...
  • 画像「Wikitude汎用アプリの紹介」
    2016.07.28技術系記事
    作成したARコンテンツを実機でかんたんに確認できるWikitudeアプリを紹介します。
  • 2016.07.15お知らせ
    Wikitude SDK 5.2がリリースされました。今回のアップデートで更新された主な機能について紹介します。
  • 2016.07.14お知らせ
    7月初旬、Wikitude Cloud RecognitionとWikitude Studioのアップデートが実施されました。 このアップデートではそれら製品で使用しているコンポーネントとインフラストラクチャが最新版にアップデートされました。
  • 画像「ターゲットマネージャー」
    2016.07.06技術系記事
    Wikitudeの画像認識型ARでは通常の画像ファイルを専用の形式に変換し認識対象として使用する必要があります。 認識対象とするターゲットファイル(.wtc)の作成に使用できる専用WebサービスがTarget Managerです。